スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • 2014.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

15周年。

2007年4月30日



「ちょうど一年前、僕はアメリカから帰ってきました。その時は、嵐に戻れるのか、正直不安な部分もいっぱいありました。でも、嵐の皆と会った瞬間に、僕の戻るべき場所はココなんだな、と、よくわかった気がします。この"凱旋記念最終公演 ARASHI AROUND ASIA⁺ in DOME"は、ファンの皆さんが作った公演だと思っています。僕らこのドームというのは、夢のような目標のような通過点です。この点が、次はどの点と線を結ぶのか、それを楽しみに、これからも毎日生きていけたらな、と。本当に、今日は皆さんお集まりいただきまして、ありがとうございました。」


当時、二宮和也さん23歳。
何度も言っていますが、私はこのときの挨拶が大好きです。
夢のような目標のような通過点の点が、あれから約7年後にハワイ公演へと繋がりました。
緊張しましたね〜。緊張していました。嵐も、ファンも、おそらくスタッフや関係者も。
ハワイの、どこか開放的にさせてくれる穏やかな景色と強い日差しを臨みながら、凛と張りつめた空気と、沢山の人たちの想いを抱えながら、見たこともない絶景とも言えるほどの、どこまでもどこまでも続く青い青い空の見事な美しさに、この感情を言い表す言葉が見つからないまま、ただただペンライトを心の御守りのように握りしめて、嵐が登場するのを私は待ちました。

嵐の登場はヘリからステージに舞い降りるという演出でした。
笑えるほどにドヤ顔の上から下まで全身赤の衣装の5人が並んで歩き、次々とヘリコプターに乗り込んでいきました。
割れんばかりの歓声。
響き渡る音の共鳴が、これから始まる狂乱の渦への入り口に私を連れて行ってくれました。期待と緊張で振り切れそうになるなかで「アロハ♪アロハ♪」と言わんばかりに全員サングラスの嵐が、ヘリコプターに5人でぎゅっと背中を丸めて身を寄せ合って座り、終始5人はニヤニヤしていました。
あーーー。嵐。嵐だわ。と、自分でもよくわからない感情のままストンと気持ちが着地したのを今でも凄く覚えています。
そして何よりも先に言いますが、2日目のコンサートが始まる直前のステージ下での二宮くんの表情がめちゃくちゃ格好良くて、いまだに脳裏に焼き付いてしまっています。不意打ちすぎた。。あれは、表に出したら、アカンやつでしょうよ…!
1日目の一連の状況から、全嵐担の気持ちはひとつと言わんばかりに、二宮くんの背中に乗っかった目線を全部背負って、ステージに挑みあがる、そんな気迫でした。
ステージに上がってしまったらもう、先ほどの開眼オーラは消えていて、ただただ嬉しそうな二宮くんだったんですけどね。それで良いし正解なんだけど、儚いなぁ、と。美しいなぁ、と胸がいっぱいになりました。
FaceDown(@Mステ)ぶりに見たよね、あの目線。
それにしても、これは一部の同担の方になら伝わる気がするのですが、万全の体調ではない二宮さんは、何故にあんなに美しいのでしょうね。気力と気迫を纏うオーラの色がいつもより強くて、いつもより踊りの精度が増す瞬間があるんですよ。
2日目の豪雨のなかでのPARADOXも然り。
生きている強さみたいなモノが全身から放たれていて、瞬きするタイミングを忘れてしまいそうになります。
とはいえ、万全の体調、そしてファンに気づかれない姿勢を今後も願ってやみません。なんですけどね。
でも、色眼鏡ありありですが、ハワイ公演の二宮くんは本当に良く頑張ったと思います。


そして、次に印象的だった点を挙げるなら、翔くんの表情。特に初日。もの凄かったですね。
Twitterにも少し書きましたが、最初からずっと嵐以外は寄せ付けないような気迫を纏っていました。
表情が、もうその心境をあまりに物語りすぎていて。
翔くんにとっての、そして嵐にとっての、ここハワイという誕生の場所が、そしてここデビューの地のハワイでコンサートを行うというこの時間が、どれほど重たく強く意味のあることか、ということを私は初日で登場した翔くんの表情をみて思い知らされました。
沢山の人たちが言っていましたが、私たちが思っていた以上に、嵐にとってハワイは特別な場所だった。
ホント翔くん視線がマジで鋭すぎ。THE櫻井翔すぎ。格好良すぎ。
どれほどの自覚と覚悟と決意と信念をこのコンサートに、ハワイに、ステージに、持ち込んだんでしょうね。
jr.時代のあの頃。
翔くんのデビューしたい気持ちは40くらいで。デビューしたい気持ちが100ある人も周りには沢山いて。デビューしたくても出来なかった人もいただろうし、ステージに立ちたくても立てなくなった人もいただろうし、不本意なかたちで辞めていった人もいただろうし…まあ、そんなことを言い出したらキリがないんだけど。
でも沢山のジャニーズJr.の背中を見送ってきた翔くん。
「すべてのてのジャニーズJr.に、ありがとう」泣きながら言ったあの日に。誓いをたてたあの日に。
それから後に、こんな景色までみられるなんて。
2日目の翔くんは、もういつもの翔くんで。憑き物が落ちたかのようでした。本当に嬉しそうでした。
もうホントにハワイ公演は、ひとつの成熟した結果を現す公演でした。
終始、二宮くんに対する配慮も気遣いも見事でした。
翔くん、本当にありがとう。嵐は強くなったよね。

嵐というグループは、めっちゃ不思議なグループで。
語弊があったらスミマセンなのですが、普段は…というか表面上は、明るく楽しくおバカなメンバーなんですが、いつもどこかに「メンバーの誰かに迷惑をかけてしまうときが、あるかもしれない」と常にメンバー全員が各々に思いながら活動しているように私は感じるんです。
当人たちが、嵐というグループのメンバーでありながら、どこか俯瞰的に「嵐」を見ていて、自分と、残り4人の嵐メンバーっていう「嵐」に対する距離感の設定が各々キチンとされていると思うんです。まさに翔くんが言ってた遠慮と我慢のレベル設定が、嵐は本当に長けていると思う。
ホント上手く言えないんですが、メンバー各々が完全には嵐に浸りきっていないように感じるんです。
5×10の歌詞にしても”ひとりぼっちで覗いた空を、あなたも見ているのかな?”を嵐は歌詞として採用しています。
これは相葉くんが考えた歌詞だそうですが、こういう感覚が”嵐っぽいなぁ”と常々思います。
相葉イズムがイコール嵐イズムに繋がってるんですよねー。今も変わらず。基本はずっと変わらず。
グループとしての集客力も知名度も人気も実力も、こんなに国民的アイドルになったのに、それでも高校3年生の学園祭の後夜祭のような。めっちゃくだらないけど、楽しくて嬉しくて、夢のような一瞬だから儚くて、でも染み渡るような至福の時間がソコにはあって。ある意味、外側から見るぶんにはコンサートでは、それを頑張って守り続けてくれていると思うのだけど、そう思ってしまう原因のひとつが”終わらないFuture欲しくて”なんですよ。このフレーズは相葉くんが歌ってくれることに意味があると私は思う。
青春ど真ん中のニオイって、それ相葉くんのニオイですよ。そして、嵐のニオイ。
嵐の精神的主柱は間違いなく大野智だけど、相葉くんの嵐とファンに対するバリアフリーの功績ってホントに大きいと思う。
「ひとりぼっち」と「あなた」が、あるから「5人でいる。ずっといる」が生きるわけですよ。
色んな想いが込み上げてきて胸がいっぱいになっちゃって、泣いちゃうほどに純粋に。元気に強く優しくあったかい。アイドルの申し子が、嵐になって15年間。辛いことも悲しいことも嬉しいことも楽しいことも全部…全部。
ステージ上で「嵐でアイドルで相葉ちゃん」として、ずっとい続けられた、そしてこれからも続いていく「嵐」というこの状態この環境、そしてその瞬間瞬間の相葉くんの表情が、そのまんま私の好きな嵐でもあるんだろうなぁ、と思います。
くしゃくしゃに泣いちゃった人が、めっちゃ照れながら同じグループのひとつ年下の人の頭をくしゃくしゃと撫でてポンポンとして、ポンポンされた人がニヤニヤしながら、相葉くんの泣きまねをして、歩きながら後ろを向いちゃってお互いが笑いあう30過ぎた人たちってなんなの?!(笑)
嵐って、くだらなくて緻密でひたすらに内側に向き合っているグループだなぁと思います。

そして、その精神的主柱の大野さん。彼なしでは、嵐がここまでの勢いと世間に対する波を長続きさせることは出来なかったんじゃないかなぁ〜と個人的には思っています。大野さんがいなかったら、世の中の嵐に対する全ての勢いに飲み込まれて嵐自体が「嵐」を抱え込みすぎて身動きが取れなくなってしまっていた気がする。現に、その勢いと波のなかで嵐ファン自体が身動きが取れなくなって、担降りしてしまっている人も世の中には沢山いるんですもの。
別に、もし嵐に大野さんが…とか他のメンバーがいなかったら…とか、そういう話をしたいのではなくて。
私の超個人的な印象ですが、大野さんってやっぱり異色ですよ。めちゃくちゃ沢山いるジャニーズ事務所所属の人たちのなかで、本人の歌い方や踊り方は勿論のこと、キャラクターや立ち振る舞い、考え方、姿勢、表情、全部が独特。真似したくても、出来ないと思う。
なのに、年齢を重ねるごとにあんなにまろやか顔でふにゃふにゃしていくって反則でしょ(笑)凛とした黒猫が、一緒に暮らす日数が増すごとに、ちょっとずつ懐いていくあの感じ。いや。わたし猫飼ったことないからわかんないけど(笑)
ジャニーズについて、ぼんやりとしか分かっていなかった私にとって「ジャニーズ事務所」のざっくりとしたイメージと言えば、タッキーを筆頭とした「8時だJ」と「V6(というか剛健)」と「KAT-TUN」ですよ。そんなイメージのまま育ってきた私にとって「ジャニーズ事務所」に大野さんが所属しているということを知ったときは本当に衝撃でした。
世間のイメージがどうかは分かりませんが、私のなかでの「ジャニーズ系」って、超偏見で申し訳ないのですがナルシストっぽい人や今で言うマイルドヤンキーみたいな人たちの集団だと思っていたからです。
大野さんは全然違いました。そのうえ、あの見た目からは予想できない伸びやかで濡れた声。晴天の霹靂です。私の中での「ジャニーズ系」のイメージが一気に崩れたのを覚えています。
大野さんって本当に独特の時間が大野さんにだけは流れていて、その独特の時間と空気が昔から変わらず常に流れているおかげで、いつもどんなときも嵐がどんな状態にあっても、嵐をくだらなくて緻密でひたすらに内側に向き合っているグループに引き戻してくれている気がします。大野智っていう唯一無二の基盤が嵐の底にはあるから、嵐は自由に波打つことができるし形を変えられるし進める気がする。攻めれる気がする。Twitterにも書いたけど、雨がひどくなるにつれて本当に感慨深そうに。大野智の表情が、そのまま15年間を物語っていました。ハワイでのコンサート、本当に本当に本当に、幸せそうでした。

そして、その大野さんを嬉しそうに一番ニッコニコに見ていたのが、松本潤さん。
嵐のハワイ公演は、本当にある意味シンプルで。
自分たちの誇れるムービングステージで出来る限り沢山のお客さんに嵐から会いにいく。
海外公演なので、シングル曲を沢山歌う。終始めっちゃいっぱい踊る。
そういうライブの組み立てをしたのが、そうです。
どこに出しても恥ずかしくない、我らの自慢の星の、MJこと松本潤さんです。
潤くんのおかげで、嵐のライブは、楽しいし、幸せになれる。潤くんのおかげで。(大事なことなので2度言いました)
そういうWin-Winの関係になれた瞬間って本当に沁みるんだよなぁ。嬉しいんだよなぁ。
セットリストやステージ上の演出、核となる曲、そういう細かいパーツをステージ上では嬉しそうにニッコニコになりながらも、目の奥で鋭い視線を常に光らせていて。抜群に。それはもう抜群にカッコイイんですね。
ハワイでのデビューのときもニッコニコで。
そういうニッコニコの潤くんが見れて、綺麗な夕日が見れて、大好きな曲が流れる中で、同じ時間を過ごせて、あー。嵐最高だー。って、それ以外深く何も考えなくてもいいぐらい、感情の蓋を開放させれる瞬間を沢山つくってくれている松本潤くんの細やかな「至福の時間を俺らが提供」精神が、本当にこの人たちって、嵐って最高だな。って何度も何度も実感させてくれました。それ以外は、もう何もいらないから、嵐が幸せだったら、それでいいよ、って、そういう気持ちにさせてくれる最高にナイスな5人組。

11月3日。
嵐が「ARASHI」としてファンに届いた日。
おめでとう。ありがとう。これからも、よろしくね。
僕たちからは沢山の愛の言葉しかもう本当に何にもないよ。


 


熱海殺人事件(@京都四條南座)◇7/28千穐楽
嵐BW頃から意識的に他のGの現場にも行くようになりました。
嵐が、年々なんだかものすごく格式高い存在になりつつあって、つーか元々が雲の上の存在じゃね?!って言われればそれまでなんだけど、この空気感と世間の作り上げられたイメージと、それこそ「ありえない幸せのチケット」の価値って本当に正しいのか?!
年会費4000円を我々払ってるわけだし、お金出して魅せてもらうものなのだから本気出して常にやってもらうことに意味があるし、何をもってして、何と比較して「嵐最高!!」なのかを今一度キチンと理解したい、という意味で少し視野を広げてみようと思ったのです。
(※訳 嵐以外の現場にも行くようになってしまい、さらにジャニヲタの深みにはまってるYO☆)


嵐以外のことも呟いていますが、嵐は変わらず大好きです。





7月28日。溶けるような暑さの中、ギリギリまで迷いに迷って、結局京都四條南座まで馳せ参じました。
結果、行って良かった。観ておいて本当に良かった。
基本ネタばれOK人間なんですが、今回の舞台は予備知識なしで行ったら大火傷しました(笑)
というわけでA.B.C-Zの戸塚さんが出演するということで、ほいほいされてきました♪
多分DVD化されないだろうから、自分用覚え書きのために書き残しておきます。


<あらすじ>

警視庁の敏腕警部・木村伝兵衛(錦織一清)と、その下に田舎から赴任してきた刑事・熊田(逆木圭一郎)木村の部下にして愛人の婦人警官・水野(黒谷友香)の3人が、単なる田舎上がりの芋臭い大山金太郎(戸塚祥太)を取り調べる中で「自分が担当する事件の犯人としてはあまりにも地味すぎる」と憤慨し、木村伝兵衛が勝手にカリスマ性を持った鮮烈な犯人に大山を仕立て上げ、鮮やかに改ざんしていく物語です。


熱海殺人事件は役者殺しな脚本の1つでもあります。
毒も知性もたっぷり含みまくった長台詞の連続で、とにかくまくし立てなければならない。
超簡単に言うと、見知らぬ乗客の冒頭部分、二宮演じるブルーノが延々話し続けるあの状態が何度もある感じです(笑)



いやはやホント色んな意味で凄かったよね。
とはいえ、私はこの手の作品は好きなんだけど万人受けするかといえば微妙。
決して起承転結があって分かりやすいわけでもないし、そもそも今回の熱海殺人事件は錦織一清さん脚色・演出・主演にも関わらず主演の一清さんの喉が潰れ、叫ぶ声や早口の言い回しが非常に聞き取りづらい。
ゆえに、こちらは舞台の世界と歩み寄りたいのにそれすらも許してもらえないような。
超ハイスピードで物語は展開していくわ、熱量と鈍痛をひたすらにぶつけられ続けるわ、という時間がずっと続きます。貧富、愛憎、美醜、都会人と田舎者。私は見目麗しいわけでもないし、所詮地方在住なので「ブス!」「ブス!」と何度も何度も連呼され下種な言葉の数々が終始行き交うなか美人圧倒的至上主義のような世界を作られてしまうと、歩み寄れないのに無責任に放り込まれてしまった身としては非常に居心地が悪いです。



ちょこちょこ笑いどころのようなポイントもあるし客席も笑っていたけど、いやいや。この空気感で笑えないですよ、と。でもボロ泣きしたんですけどね。(ここまでボロ泣きって私いつ以来?!もはや覚えてないんですけど!!笑) 無責任に染み入ってくるんですよ。熱海殺人事件そして戸塚さん演じる大山金太郎という男の熱量と愛情が。どうにもならないの。
無自覚だけど不器用だけど愚直な愛が染み入ってくるの。「アイちゃん!」「アイちゃん!」って何度も何度も何度も何度も連呼され、愛が忍び寄って押し入ってくるの。心が荒らされる愛。
大山金太郎は美しいにも関わらず無邪気な酷い男なのです。愛を持ってしてもデリカシーがなく無自覚の荒みかたと醜悪っぷりが酷いんです。笑顔で。真顔で。瞳の奥底の光が影のようにゆらゆら揺れながら煌々と強い意思を押し付けてくるんです。嗚呼。戸塚さん。貴方なんて役を頂戴してしまったの。



戸塚担の皆様、お疲れさまでございました。
もう心から思うわ。自担が殺されるお話は辛いしかないんですが、私の嵐の自担は切なく儚く消え入るような脆さと情愛を抱えながら逝く作品が多く、またそういったお芝居に定評があると思っているので免疫力がないわけではないんですが、もし自担が苦しみながらも心から愛する人の首を腰紐で絞め殺す姿を板の上で毎回毎回見せ付けられるなんてドエムぐらいしか耐えられませんよね。いや、わたしは演技仕事を観ることに関しては比較的強めのドエムなんですけどね(苦笑)



しかし戸塚さんは荒削りのようで緻密で、しかし声や抑揚は間違いなく戸塚祥太であり被った皮が大山金太郎なんです。現実のような完全なる非現実。ヒュー^^頭がおかしくなりそうだぜ^^^^南座の凛とした張り詰めた空気も騒がしく愚かな熱量の前では客席の真紅の座席シートが血の色に染まる勢いだったのです。そもそも金ちゃんはアイちゃんを絞殺したのか?それすら疑問ですからね。金太郎が自白して死を求めているだけで彼にとって愛する人がこの世にいない世界は現実ではないのです。全ては仄暗い水の底。虚無と無力。



あーん!まとめられない!
ぐつぐつと煮えるような劣等感と納得がいかないまま、ぐるぐると何度も何度も突きつけられる現実と進む時計の秒針。私にとっての錦織一清さん演出による熱海殺人事件は、そんな作品です、コレ一生昇華できねーやつ!笑
でも、こういうお話って、わたし全然嫌いじゃないやつ!w(※逆にファンタジーのようなお話は、わりと苦手です)


……さて。ジャニヲタ的な戸塚さん戸塚さん!な感想を言わせていただくと、戸塚さんマジ美しいですよね・ぽわん。。という状態です(ヒドス)あの役柄をあれだけ熱量込めた芝居をすれば、そりゃ痩せるわ。無駄なモノがそぎ落とされたしなやかな肌が、汗が、衣装がジャージにも関わらず首筋、横顔、鼻筋、こめかみ、流し目、手首、指先、全てからだだ漏れており、舞台上に点々と無責任な無邪気な色香の毒を落としていくのです。染め上げていくのです。金太郎は九州弁のなまり丸出しなしゃべり方をするんだけど、美しい男のなまりって寧ろ誘惑でしかないよね!!!笑



開始30分後ぐらいにサングラスに赤いジャージ、シェリーを歌いながら舞台上手、客席最前と舞台の間よりご登場され練り歩く戸塚氏。
ちょ!怪しさ200%超えなのに歌上手いwwつらいwww
確かに喫煙シーンもあったけど、いや寧ろ一清さんに蹴られても蹴られても靴を磨き続ける某シーンやクシャクシャのお札を愛する美しい女に見下ろされるなか跪き拾い集める某シーンのほうが、よっぽどセンセーショナルだろ!?!?!?と思いましたよ。あと超有名な、跪いた金太郎が伝兵衛に薔薇の花束で殴られ続け、舞台上に飛び散る真っ赤な薔薇の花びらの視覚的な刺激といったら。ちょwwいきなり沸騰の湯に放り投げられたヲタクの心情を一清よ、ご存知か?!とっつーのだし汁出すぎだわ…!!会場内の空気が一気に戸塚汁300%の茹で窯に?!?!/(^O^)\ 一清に煮え湯を飲まされた気分なんだが?!?!嗚呼!一清よ!一清よ!!嗚呼…………。見事だよ…………一清…………。と、心の一清と私は終始会話しておる始末でした^^^^ 通常公演で主役は錦織一清さんとなっていますが、超個人的な意見としましては、コレ通常公演の主演が戸塚祥太と言われても全然成立します。それが、そもそもビックリしたわ…。他の方も仰っていましたが、だからこそ途中であの顔面の全てのパーツが下がりまくる戸塚スマイルをされると、嗚呼…戸塚さん。この金太郎の中の人はとっつーなんだよね。と安堵したものです。最後のカテコで「A.B.C-Z の戸塚祥太です」とご挨拶。…お、おう。。
ちょうど6/23にキスマイ宮田のキフシャム千穐楽を観たばかりだったので、それぞれの千穐楽。2人の表情の違いが印象的だったなぁ。



お会いしたかった方にぜひ「会いましょう♪」とお声掛けもいただき感涙。
正直、戸塚さんに会えたことより嬉しかったよよよ(黙ってください)
芝居に上手い下手はあるかもしてないけれど、練習量で、努力で、カバーする。必ず伝わる。客席に見せる表情は常にプロフェッショナルであって欲しいと、強く思う次第です。私はそういう人たちが好き。やっぱり自分の目で観る肌で感じる。現場は最高やで!!!!


余談。
意味が分からない人のために説明すると、戸塚祥太さんとは、ジャニーズ事務所所属の5人組アイドルグループA.B.C-Z(エービーシーズィー)のメンバーで、橋本良亮(はしもとりょうすけ)20歳、戸塚祥太(とつかしょうた)26歳、河合郁人(かわいふみと)25歳、五関晃一(ごせきこういち)28歳、塚田僚一(つかだりょういち)26歳 からなるグループです。


嵐のワクワク學校 2012.7.14,7.15,7.16 in 京セラドーム
JUGEMテーマ:



大阪で大荷物抱えて駅からホテル行くまでの上り階段で
あまりの暑さと睡眠不足からくる疲労と階段の長さに白目向いて絶望していたら、
後ろからおっちゃんが
『ねえちゃん、大丈夫なんかいな?それ(キャリー)ごっつ重そうやで!持ったるで!』
と、声をかけて下さいました。
大阪人優しいですねー♪



続きより京セラドームでのあれこれについて。
アッシュシュブラウンの人のせいで、完全にドイヒーな内容なので、
どうか読まないでください(そんな)


※授業レポはありません。


嵐のワクワク學校 2012.6.16,6.17 in 東京ドーム
JUGEMテーマ:



公開するとなると、もうそろそろ…
もう少しまともな文章まともな内容でで仕上げたほうがいい気がしますね(肩を落としつつ)
東京でのあれこれというより、
ワクワク學校(@東京)当落までいかに私が頭おかしい精神状態だったか?
しかありませんアハハ。
もう僧侶とか出てきますからね。本気で意味不明ですネ。




※授業内容レポはありません。あしからず。


アラフェス投票。
JUGEMテーマ:



ひょっこり更新。



生きてますヨ♪
ブログ上に公開する予定のない文章をガシガシと書き連ね、
勝手に暴れ狂って勝手に自己満足→文章は非公開。
の、根暗ヲタクの独り遊びでしかない文章が結構あるんですが、
ちょっと文章を整えたので(あくまでも私基準です)久しぶりに更新します。




どうもどうも^^



このまえ投票が締め切られたアラフェス投票曲について。


月曜21時からのドラマと、それに伴う番宣の感想。
JUGEMテーマ:



なんとなく。で、
鍵のかかった部屋の番宣感想と、ドラマ本編の感想を、
久々のブログ更新で、書いてみた、よ!↓




大野智の演技をテレビという魔法の箱の、
ときめきのボタンを押す行為だけで見れるなんて、
いまだに幸せです!
めっちゃ楽しみに楽しみにしていましたとも。ええ。
待ってましたとも、おほほ^^愛しの榎本王子さま・おほほ^^(のっけからコレ)
まあ…某コンビニ番組(@番宣)で一回わたしにキモい霊が突然憑依して床をのた打ち回りながらtwitterに意味不明な叫びを真顔でタイプし続けたのちに自分内限界値を突破してしまい後半一部分記憶がなくなりましたけどね別に普通ですよねわかってますわかってますよ(一息で言います)
榎本大野智絶対神王子による対現実用の脳内からの解放ね。
美声愛$鍵師映像導きによる無我の境地ね(意味不明)(大丈夫。私もノリで書いてます^^^^)





もうさー。桃源郷の向こう側へ、イッたYONE。
喉仏様、まる見え、サイコウダYONE。(黙ってください)
もうさー。なーにが萌えたって、ビジュアルが良かったのも勿論あるけど(痩せましたねぇ)
大野さんが大先輩の中居さん、そしてタモさん、俳優さん、女優さんを
前にして一生懸命気遣いの人となってところね。あわあわしてたとこね。
緊張してましたねぇ。31歳さとちゃん。
ハァァァァァァぁぁぁぁぁーーーーーーーーn(自重)
甲斐甲斐しいったらない!自分は呑まないのにビール係りとかさ!
たまらん!玉乱!!(はいはい)



いつもはメンバーもしくは頼れる安心材料の人が近くにいるから
何もせずとも、ただマイナスイオンを放ち続けてますからね。
あんな気を配ってる大野智本当に久々に見たよ。
瞳キョロキョロさせてお口(と打ったら奥地と変換された。勘弁してください)
半開き祭りですよ。奥地半開き。(黙ってください)
セブンティーンのモデルの女の子たちよりお口半開き率高かったよ。
ZEROの新しくキャスターになったあの子もビックリの富士っぷり!
見よ!赤富士・絶景や!!!






……薄い奥地の!形が!マウント富士や!!!!絶景や!!!!(黙って以下略)






嗚呼、上級者すぎます・嗚呼。







◇以下ドラマ本編について少し↓


ドラマの方は、フジテレビ連ドラが月9の座席なんて、
ぬおー色々すげーな!と思いつつも
実は大野智の演技を愛でるということ一点に期待値MAXだったのですが(すみません)
ドラマとしても予想を(私の)上回る良作だった気が。
(※私は原作は読んでいません)



智くん抱いて!ねえ!!
嗚呼!!YES!ハァァァァぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーn(自重)YESYESYESYESYES!!!!!嗚呼!!!
とかなんとか意味不明の文言を発しつつ、
トッコ妖怪アンテナより電波を全身から発しつつ(早く人間になりたーい)
ツンの権化の魔法の箱(@テレビ)が
無視の一点張りだったので(当たり前)
もう無意識に自分の身体を自分で抱きしめながら(え)ドラマ内容をなんとかギリギリの状態で理解しようと映像を見てた私が内容どうこう言おうとしてますが何か問題でも?(まがお)(ヒドス)



カット割り多いのに煩くないし巧い具合に暗転(というか強制終了)とか凝ってますな。
何より音楽がホント良い。
役者の演技を引き立たせてるよね。



第一話は掴みが大事だから、キャラの性格を分かりやすくお茶の間に示すためには
あんな感じで良いのではないかしら。
今後小ネタとかを挟んで各キャラを遊ばせてきたら、さらに楽しそう^^
とりあえず第一話は満足です♪
恋愛ドラマではないにしろ、初回なので
シャワーとか寝起きとかお着替えとか(変態乙)があったらどうしよう><
だったのですか、無かったので安心しました^^ほっこり^^ よかた^^
……とまあ、榎本さんにごろにゃんすぎて、内容うんぬんまでたどり着けませんよ!
粘着質に追求したいけど、いかんせん榎本さんが榎本さんで、どうにもこうにも!
榎本さんのご自宅は、どんな内装なの?!興味深々だわ!
ハァァァぁぁぁぁぁ−−−−−−n(ストーカー乙)




っとまあ、そんなこんなですが、生きてます♪
三毛猫も、もちろん見てますよー!こちらも今後の展開が楽しみです^^
シュシュちゃん含め、キャラが全員めっちゃかわゆし^^


最近も色々色々あるけれど、
昔の嵐さん映像を見ることをガソリン代わりに、
同じ映像同じくだりを1日3回以上見つつ(あいあむ粘着質)
ラジオ音源データ化するのに手をやっと付け始めたり、
雑誌解体したり、二宮さんにnynyしたり、
相変わらずHDDが・ね。アハハ。


(´・∀・`)<来週もドラマ見てね!相葉ちゃんのドラマも見てね!




ちょw どんな文章の終わり方ww(さーせん!)(合掌)




2012年、新年あけまして おめでとうございます。
JUGEMテーマ:


 

帰ってきたよ。みんなのもとへ。



いやはや、ご無沙汰しすぎています。トッコです。



ブログにて年末年始のご挨拶もままならないままでしたが、元気です(って、知ってるネ!)

年末年始、怒涛の…まあ、いつものことですが、マジ限界…そう。

それはまさに玄界灘(九州北西部の海域。西は対馬海峡、東は響(ひびき)灘に連なる。冬季は風波が荒い)の如く荒波に揉まれつつ、心頭滅却すれば火もまた涼し!!!(意味不明)嗚呼!あいあむ嵐海峡横断部!!!(だから意味不明)嗚呼!でも!!と、時にはマリッジブルーのような心境にもなりつつ、あいあむ以下略。(私は相変わらずです)

拍手コメントやコメント欄でも、お気遣いありがとうございます。
ちゃんと読んでいます。
文字では伝わらない部分ではありがすが、心より感謝の気持ちを込めて。



まずは以下、わたしの近況報告などなどです↓



2011
年から2012年にかけて行われた、
長かった嵐ツアーがやっと終わりました。
参加された皆さま、お疲れさまでした。
ツアーが終わったやっと私的新年の始まりです。
皆さま、あけましておめでとうございます(どんだけ)

頂いた年賀状、お返事出来ていない方もいるので…遅くなってしまいますが、
何らかの形で必ずお返事したいと思っていますので宜しくお願いいたします。
年賀状は、新年最初の贈り物。
心温かい贈り物を本当にありがとうございました!




今回のツアー、色々考えることや思うこともあったけど… 素敵なツアーでした・よ!

わたくしも今回学んだことを活かし、
反省はするけど後悔はしない。転んでも、ぜ!っ!た!い!に!
タダでは起き上がらないヲタクとして、
さらにキツくふんどしを締め直す所存です押忍!(重すぎる決意表明乙)


 


苦しいことも辛いことも悩むことも迷うことも沢山あるけれど、
それでも私は嵐が大好きで、嵐と共に歩んで行きたい。
それだけです。

まぁでも大体、嵐ヲタの皆さまと日々の行動パターンは一緒ですよ^^(省略しすぎ)





今回のツアー、また新たな素敵な出会いも沢山ありました。ありがとうございました!

そして、今さらですが福岡1月14日15日はホント奇跡の2日間でした・ね。嗚呼(遠い目)

はい。

15日、アリーナC7ブロック柵から3番目の席にたどり着いた時点で卒倒しましたが何か?



だって/(^O^)\2.5メートル先の/(^O^)\中央ステージで/(^O^)\Jと書いて天上天下唯我独尊と読むあの麗しき天女が/(^O^)\あの麗しき天女が(大事なことなので2度言いました)/(^O^)\あんなことや/(^O^)\こんなことを/(^O^)\なされるのですよ?!/(^O^)\!!嗚呼/(^O^)\!!神よ/(^O^)\!!



………っかは!!(喀血)



現場で失禁しなかっただけマシだと思ってください(黙ってください)

あまりの全身からの恐ろしい震えに、
お隣の今ツアーは本日が初見だという柵側の2人組(もちろん初対面)に
呪文用語よろしくな内容で話しかけてしまいました。
ネタばれできないため『ここで!これが!あーなって!!こうなるから!!ああなんですよしm¥ぬ@!!!!!!』)(ホントにこんな感じでしゃべってます)
結果、その2人組だけに留まらず、
近くにいたロリータコスお姉さま達からも爆笑をいただき
『ちょww大丈夫?!コンは今からだよ?!既に限界に達してない?!ww』
的なお言葉を頂きました・アハハ。

仕事場ではガラスの仮面。
自称演技派(黙ってください)25歳・嵐ファン、トッコ。
今回ばかりは、ガラスの仮面が崩壊し、
毛穴という毛穴が、ぴゅーぴゅー言ってた気さえしますからね。
ヲタクがマックスになると、あんな状態になるんですね(遠い目)
紅天女への道は遠いね!月影先生!お許しください!
ヲタク・大!爆!発!嗚呼…愛しき我らが、紫の麗しき天女…!嗚呼…!

……Jファンの方に『大丈夫?』と、お言葉を頂いてしまった残念人間のわたし乙。

 



↑自分で書いておいてアレですが………文章が………若い(そんな)

もうね、いいじゃん。

二宮さん本気で格好良かった。
愛してるって言わせておくれよ(遠い目)
(そして、いきなりどうした)

ちなみに検索ワードにいくつか上がっていましたが、
名古屋、福岡共に愛知在住の某嵐友の人たちと並んで参加していないため、
私はいたって普通の恰好で参戦しました・あしからず。

普通の恰好で参戦したら、席が席だったからってのもあるんですが、
1億パーセントアイドルの二宮さん(黙ってください)と
夢のような時間があったのですが………書いちゃダメ?笑

ブログにコンレポを載せるかどうかは別として、
自分用に参加した公演は、それぞれ覚え書きメモを残してはいるのですが(実は、ね)
いかんせん、毎回文字おこしする気力と時間と体力が付いてこず(苦笑)

……まあでも、長いツアーも終わったし、
現場で見た各ソロの感想はとりあえず載せようかな、
という気になりました(気分屋ですみません)
私的初日の北海道が終わったあとに書いた文章なため、
いま改めて非公開文章を読み返していたら、
内容的に色々と……非常に残念ですが。うん。
そしてJソロだけ、文章量が異常なんですが^^^^
まあ、読み物としてスカッと楽しんでいただけましたら、光栄です。
ブログ更新が、ひたすら停滞していたので、せめてもの蔵出しです(笑…えない!)


とりあえず、そんな感じですので、BWコン・各ソロ初見感想は次のエントリにてー♪


A Whole New World
JUGEMテーマ:


この前ブログURLを教えている数少ない地元ヲタ友を車に乗せた際、
助手席でサラッと言われました。
『トッコちゃん、最近ブログ更新してないね。』
『わたし、トッコちゃんのブログ読むの、実はちょっと楽しみにしているのに(*´・ω・)』



・:*:・(*´∀`*)・:*:・




おいおい。マジかい…!笑
こんな豚箱ブログ、嵐ファン最果ての地のさらに僻地で運営している、
かといって平凡で普通な、どこにでもある唄……おっと^^間違い間違い^^
どこにでもあるけど、管理人が常日頃『早く人間になりたい』とか言ってる
万年残念・妖怪人間・豚箱ブログ(どんな)に対して、そんなかわゆいことを言われたら、
豚箱の豚も妖怪人間も木に登るぜ!
っというわけで、荒ぶって書いたはいいが、仕上げる気力がなく(ダメ妖怪)
倉庫に格納していた非公開文章を掘り出しまして、加筆し珍しく公開にしてみました。
時間差ありまくりなのは、いつものことです。どうかご勘弁を。
では以下、遅ればせながら某番組について↓






っというわけで。





……………姉さん、事件です。



※あいあむ素直になれなくて・二宮さんファンです。
※その分、嵐ファンの皆さまにはデレっぱなし、マジ面倒な【マ】るで【ダ】めな【ヲ】タクです。
※歪んだ愛情表現をお許しください。



二宮さん家のかずなりんちゃ……訂正。
落ち着け、落ち着け、わたし。
約一ヵ月以上ぶりのブログ更新だからって、荒ぶっても何も良いことないよ。
時は金なりだよ、落ち着け。
負けたら誰かの養分(@カイジ)だよ、落ち着け。



………って!


落ち着いてられたら!


嵐ヲタ!


やってねえっつうの!!!



つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



↑この顔文字しか現在自分の感情を表現できるモノが見つからない、
キャパシティーの小さすぎる残念妖怪です嗚呼 orz



あかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかん
別に、ただの歌番組。
ただの文明の利器から発せられる映像。
ただの1983年に生まれた成人男性映像。
ただの断髪された28歳成人男性アイドルが歌って踊って、
スタイリングが、カメラアングルが……………………………嗚呼、神よ。
彼がこの世に御生誕されたことで巻き起こる全ての出来事に感謝します・神よ。
(涙を流しつつ天を仰ぎつつ)
あかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかん
荒ぶりすぎて、寿命半分吸い上げられそうになっても
「はい、喜んで」とか言いそう、今なら言いそう、
とか白雪姫のごとく肌が白くて、
あまりに白雪すぎて二宮さんは毒を盛られるんじゃないの?嗚呼!
とか意味不明人形と化していたとか、そんな馬鹿な。
大体、今までもっさりしていても、それはそれで内心は
「ふーん、あなたが良いと思っているのなら……………………………別に(デタw)」だし
※愛$の髪型に対してはモサければモサいほど、やんややんやと言ってナンボだと思ってるので、言うことは言います。ただの賑やかしとお思いください。
※ちなみに私の趣味は、Oneうちわとドリアラうちわを並べて、ニヤニヤすることです。ドリアラ二宮さんうちわ、超推せます・わたくし。
今までだって、色々あったけど別にちゃんと体内消化してきたし……訂正。
最近で言うと、PA完成披露試写会に関しては、いまだに消化しきれていません。
ビジュアルマックスすぎて体内液状化現象が全く持って止まりません。



…話が逸れた。
勝村さんとのやり取りも、ご覧になりましたか?
対人関係作法についてスマートに、相手に違和感を一切感じさせず、
いやたとえ違和感を感じさせたとしても、
その感情を凌駕させるほどのアノ表情と行動っぷりで
相手の懐の内に忍び込む恐ろしい処世術を。
あの人、確信犯的に勝村さんの手も(正確に言うと腕だが)握ってますからね。
恐ろしすぎる処世術ペテン師ですよ。
夜のお仕事をされて いる人達同様に、
対人関係処世術の手慣れっぷりがプンプンすぎて爆発や!
生きてるだけでまる儲けアイドルや!
あの人、本気のほんまもんや!!なんやあれ!!



………嗚呼・もう・多くは・語りません。あいあむ完敗で結構。(日本酒一升瓶片手に)
ビジュアル・神!や!で!貴方の瞳と髪型と白雪っぷりに乾杯!!!
二宮前髪絶対領域やで!二宮襟足絶対領域やで!国の宝!(一升瓶振り回しつつ)
買い取りたい。
あの時間を買い取りたいんですが、何億愛$ペソですか?(まがお)
今後は、七福神ではなく八福神で行きましょう。
あ、間違えた。
白雪姫だからアリエルやシンデレラ、ジャスミンと同族?
A Whole New World プリンセス 自由の花をホラ
魔法のじゅうたんに身を任せー♪LA−LALALA−−−♪♪♪
あかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんあかんありえへんやろかっこよすぎやろすき!



※上記文章と、先程エントリした内容の人格の違いっぷりをお許しください。
  もちろん、どちらもトッコが書きあげております。普通です。
  私 はただの普通のどこにでもいる嵐ファンです(夕陽を眺めつつ)
  そして、上記文章は11月6日放送ののMラバに対して・ですよ?(遅すぎる本日の主題発表)

anniversary
JUGEMテーマ:
これだけ、時間差あると逆に開き直れますな・HAHA!!
遅すぎだっつーの!っていう各所からのお声は完全無視して、
誠に一方的&勝手ながらに言わせてくださいませ^^
そして、個人的考えに加えて色眼鏡で見ている感がハンパないネ^^^^





遅ればせながら、嵐さん12周年 おめでとうございます!



妖精さんたちの様々な遊びに、
爆発し炎上し全力でぶち上がりふざけ倒して舞い上がりながら、
一方で考察してしみじみしたりしています。毎日。たまに少し俯瞰的に眺めながら。


基本、アイドルは、儚い。


でも、儚いから美しくて楽しくて全力で掴みとりたくなる。
掴めないんだけど。
完璧じゃないから
「ちょ!生歌!大丈夫?!」「髪型がボサいんですけど!」「踊り!間違えないで…頑張って…!」「衣装がダサい!アイドルクオリティー乙!」
等々、良い意味でイジりやすいから遠く感じさせない。
話も考え方も、いつまでたってもお茶の間目線。
いつまでたっても思考が中2男子。
でも、陰で血のにじむような努力をしている、頑張り屋さん。
結果、身近に感じるから応援したくなるし支持したくなる。
支えたくなる。
秘密の仲間が出来たみたいで、とっても楽しい。
毎日毎日疲労困憊で人生に不安を抱えている沢山の人たちの心に沁みる。
人工的なオアシス。
……意図せずともだけど、ある種策略的だよね(笑)
やはりアイドルは空気がホント読める。間違いないですね(超まがおで)
リーダーと相葉ちゃんとかもホントそう。
あれだけ長く芸能界に浸かっていて、あの雰囲気を維持できるとか、
それこそ讃えられるべきだよね。
20代後半の一般的な成人男性とのギャップが凄過ぎて現実世界に戻ってこれず、
だからアイドルにズブズブの人が続出するわけですよ・ええ。


…うーん。
多くを語りたくても抽象的すぎて相変わらず中身のない文章になりそうだわ・あわわ。
あまり深く考えずに楽しむのが一番なんだけどね。
でも、妄想や理想や虚像を押しつけたくなるんだよ、嵐さんには、やっぱり。
アイドルだから。ひいては『職業 嵐』の人達だから。
ホント嵐はバランスが良いと思うし愛されキャラだと思います。
自分たちの立場を凄く凄くよくわきまえてる。
というか築きあげてきた結果があっての『揺るぎない愛されキャラ』の確立。
沢山考えて、壁にぶち当たりながら、学んだ、身に付けたんでしょう。
それこそ、次のエントリでも書いてるけど(笑)処世術でしょうな。
二宮さんのぶりっこキャラしかり。
嵐メンバーが世間的愛されキャラという地位が確立してしまっているので、
アイドルでありながらアンチが少ない(ように感じる)
だけど、そのぶん『愛されキャラ』の皮が硬過ぎて、
さまざまな制限(という言い方も微妙だが)から抜けきれない。
強みでもあり弱みでもあるね。



沢山沢山揉まれたんでしょうな。
社会に。
大人たちに。
全てを見てきたわけじゃないし、立ち会ってきたわけでもない。
彼らの苦労は彼らにしか分からないし、それでいい。
勝手な補完は勝手に各々でされているはずだから。
それぞれの中に嵐はいるからね。
まだまだ伸びしろがあるから、ドキドキするし、ワクワクもする。
ちょっと…いや、沢山の不安を抱えつつ、ね。
だってチケット取れねー!逢えねー!マジ切ねー!
年々FC会員数が名義増やしという名目で各々の欲望が膨れ上がりすぎてマジカオスー!


うん。
みんなの夢を背負いすぎて、のしかかる期待に答えようと
偶像とのギャップに疲れ果てたり押しつぶされそうにも沢山なるでしょうが、
アイドルの宿命でもあるんですよね。
智くんがリーダーでホント良かった。
運命の、必然の神様・ありがとうありがとう。
もしも松本さんだったら、きっと背負いすぎて潰れてしまう。優しい人だから。
(いや、智くんが優しくないとかではなく・ね)
どうかこれからも夢を重ねさせて、わたしたちも乗せさせてください。
売れてよかったね。
遠くはなってしまったかもしれない…というか、実際遠くなってしまったけれど、
それでも働きマンは上を上を目指すべき。
10周年終わって11年目で出したアルバム曲に『マダ上ヲ』が入ってて、
曲を聴いたときは、とっても嬉しかった。
沢山の曲たちの嵐が嵐であり続けるための櫻井さんのリリックが非常に感慨深い。


ひとりは みんなのために
みんなは ひとりのために


そして、あえて言いたい。
どうか夢を醒めさせないで。萎えさせないで。諦めないで。
共に戦い抜くことを誓うから。
奇跡の結晶をありがとう・これからもよろしくね。
輝かしい未来に風を送らせてください♪



Over the border
JUGEMテーマ:


…………





…………  一カ月以上更新がストップしてた  …………




…………  精神と時の部屋(@ドラゴンボール)に入りたい  …………



…………  誰か、わたくしめに仙豆(@ドラゴンボール)をください  …………






長期休暇もらった職場に、久しぶりに出勤する気分です。どうもです。





いやはや、なんやかんやと色々こなして日々を送っております・どうもです。
ヲタク的にも人間的にもパッツパツです・どうもです。
でも、元気は元気です。
いや?っていうかね?時間の使い方がね?非常に効率悪いだけなのよ?どうもです。
いや?もうだから・さ?本気で櫻井さんの爪の垢を・さ?煎じて飲むべきだと思うのよ・ね?
っていうか?もう煎じなくていいから垢を飲みたいっていうか?アハハ。
さらに言うと二宮なんとかさんの爪の垢を飲みたいっていうか?
さらに言うと?爪の垢うんぬんではなくて・ね?アハハ。
もうこれ以上の発言をしたいけど、したらしたでキモス爆発っていうか、
はいはいワカッテルヨ・キモヲタ乙だよね・黙ってくださいだよね?
そうだよね?DA・YO・NE?DE・SU・YO・NE?



……はい。昨年はド深夜更新ばかりで、トッコ部屋は不夜城やで!
さらに言うと俺の部屋は!腐夜城やで!
とかなんとか言いながら、
カラダが目覚めれば Over the border 恐いものはないさHOOOOOOOO!
とかなんとかしていましたが25歳になったことで、ちょ…眠いんですけど。
っていうか、背中の充電(笑)が強制的に切れるので、どうにもこうにもあきまへんで!
とかなんとかです・どうもどうも。



言ってることが意味不明なのは、いつものこと相変わらずです・どうもどうも。



私の時間の使い方が効率悪いのは今に始まった話ではないですが、
それでも最近は最近で日常生活こなしつつ
録画関係はなんとか頑張って比較的マメに追ってますね。
夜はあまり起きてられないけれど。
WS映像を捕獲するために映像狩り(どんなw)は、ちゃんとしています。それなりに。
だって嵐愛。
っていうか、にのマリオのせいで頑張らざるをえない状況というかふがふが。
もう!あの!ドヤ顔っぷり!ヒドス!!いいよいいよ二宮さん良かったね!
マジ目の奥が笑ってないよ・いいよいいよ!最高だよ・アイシテルヨ!!!


さらに最近色々色々あり、ちょっと気合いを入れて仕事しないと…!
と、気合い注入の意味でめずらしくいつもよりかは幾分マシな化粧&髪型をして
職場へ行ったら(※それでも10分かかってないが)
そんな日に限って職場の清掃のおばちゃんに褒めれれてしまったので、
ここ最近さらに大変です。豚もトッコもおだてりゃ木に登ってしまうんですよ。
朝のハイパー踊らされっぷり万歳。
お掃除のおばちゃんよ、私は何食わぬ顔で仕事をしていますが、あいあむヲタクです。
私の朝の優先順位はWS録画>お弁当づくり>>>>>>>>>>身支度です!!!!
髪型とか顔面は、ホント期待しないで!!!!!
と、心の中でどれだけ言ったことか。
身支度まで気を使う時間を捻出しようとすると、
さらに大変なのです・お掃除のおばちゃん…!
でも、褒められたら豚もトッコも木に登ってしまうんだよ…!
ちょっと、わたしどうすれば…!!!(はいはい、ヲタク乙)



雑誌は、もうね。コレ学んだ。学習した。
わたし元々根っからのヲタク気質だし、紙媒体ヲタクなので、キエー!!!!
と二宮さん以外でも意味不明に狩っていたけど、
最近は立ち読み&信頼出来る固定の雑誌のみ購入を覚えました(遅すぎるレベルアップ)
あとは雑誌をキレイに整理したいけど、いかんせん量が量で orz 
でもキレイにファイリングしたいよー無理だよーおかあさーん!(遠すぎるレベルアップ)
遠すぎる道のりですが、コツコツやろうかと。
とりあえず、ファイリングの段階にまで行っておらず
(※二宮さんIt、のんの連載、二宮さん単独の女性誌・ファッション誌掲載分は除く)
ひたすら切り抜き侍と化しています。



それと、京都や東京、千葉にも行きましたね。旅行ニッキ的にまとめたいと思いつつ、
時間があるかしら……(遠い目)
どれもこれも、とても楽しかったです。
コンではカッツカツの予定で会えない嵐友に
偶然やら必然やらで会えてとっても嬉しかったです。
千葉の幕張で、相葉すごろく→罰ゲーム的なマスは全てトッコが網羅した→予定運命ってこわい→さすが万年残念ヲタク・トッコ→最初から終了までストッキングかぶった状態(落書きあり)→そのまま全力でヲタ芸やら、ポッキーダンスやら、二人羽織やらなんやらやったけど・ね…!
実はこんな人間でごめん・お掃除のおばちゃん…!!/(^O^)\!!




以上。中身がありそうで全く中身のない内容でした。久々のブログ更新が惰性更新って…。
嗚呼、語彙力がほしいよミタさん!(このドラマは見ています^^)(ご主人が幸薄なので^^) 





【追伸】

※先に言っておきます。ブログはハイパー不定期更新ですが、辞めません。

最近twitterの方ではぼちぼち呟いていますが、
twitterというツールはホントヲタク向けだな、と思います。もはや周知の事実だけど。
情報の共有速度もホント早い。デマが多かったりバカ発見器にもなっているけれど。
それだけ浸透していて、生活に馴染んでいるということですよね。
結果、いままでブログ更新に重きを置いていた人がtwitterの方に重きを置いていたりで、
私を含め更新頻度が激落ちしている人も多々。
年齢を重ねるごとに生活スタイルや使用するツールが変化し、
考え方や見える世界や自分の状況、周りの状況も変わってくる。
それでも『変わらない進化系』そんなことを言っている、
言ってくれている人たちに改めて感服しました。
日々の激流の中、時には流れに乗りながらも、
自分のペースや周りから求められる姿を冷静に見極め、
貫き通すことは非常に大変なのです。
櫻井さんのラジオが終わって、二宮さんのゲームニッキが終わって、
松本さんのラジオが終わって。
そのほか沢山のモノに今までありがとうお疲れさま。
でも終わってしまうのはやっぱりちょっと寂しいよ、と言ってきたけれど、
それでもkeep on 無我夢中で肩を組んで走り続ける彼らが、
私にはとても誇らしいです。そんなことをぼんやりと考える秋の夜長です。
さて、HDD整理しなきゃ。

コメント

comment

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

trackback


profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ツイッター

いらっしゃいませー☆☆

archives

search

mobile

qrcode

ad

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM